端切れを使った簡単コースターの作り方

コースター ハンドメイド

身近にあるものを利用してコースターを作ります。

お手持ちの端切れなどを利用して作れる簡単な小物レシピです。
まずミシンを持っている事は前提なのですが、直線縫いだけのハンドメイドなので簡単にすぐにできます。
おうちにあるいらない端切れくらいの大きさでできるのがコースターのレシピです。
コースターは大変小さいですし、もっと小さい端切れの場合は
パッチワークのように縫い足していくだけでもすぐに作れる大きさです。

コースターの作り方

まずは鋏や待ち針、待ち針の変わりのクリップ、目打ち、定規など裁縫の時に必要な物を用意します。
端切れは12㎝×12㎝くらいの大きさの物が表裏2枚あればできます。
色々な厚さの布がありますが、できるだけしっかりした厚みがある方が良いです。
厚みがない場合は強度を持たせる為の接着芯などを重ねるとある程度の厚みが出ますし縫いやすいです。

さらに接着キルト芯などもつけるとふんわりした感じがしてコースターが綺麗に見えます。
大きさは12㎝×12㎝と端切れと同じだけの大きさの物を用意し、アイロンで何分か抑えて接着します。
飾りのレースやタグなどもこの時に用意します。タグや紐はつけたい位置に始めに表布か裏布に縫っておき、
さらにレース類も表生地と裏生地を縫い合わせる前につけておきます。
8~9㎜くらいの縫い代で表裏の生地を中表にして縫い合わせ、返し口を5㎝ほど残します。
角の部分は4辺ともカットし、表に返して目打ちで角を出します。返し口はまつり縫いで縫い合わせ、
2㎜程度のコバステッチで周囲を抑えれば、簡単なコースターが完成します。

自分で作ったオリジナルコースターでジュースを飲めば
一段と美味しく感じそうですね(^^)

photo:megrje


中南米・ラテン 旅の情報