好きな生地でポーチを作ってみましょう!

ポーチ ハンドメイド

毎日の生活で多様に使えるポーチ。
自分好みの生地や柄でハンドメイドできたら嬉しいですね。
今日はお気に入りの生地でポーチを作ってみましょう!

オリジナルポーチの作り方

まず、好きな生地を用意しましょう。
汚れや防水性などが気になる人は、耐水性のある生地を選んでおいた方が無難です。
好きな形を型紙に書き込みましょう。縫い付けるので出来上がりよりも少し大きめに形を書きます。
そして生地を輪っかが底辺に来るように折り曲げて、裁断をします。
この時、型紙や折り曲げた生地が動いたりしないように待ち針などできちんと止めておく事が大切です。
型紙に沿ってチャコペンシルで縁取りをしてから、ゆっくりとハサミで切り取りましょう。

ポーチの口をファスナーにしたい場合は、ファスナー部分だけのパーツを用意しましょう。
大きさも様々なので、生地に合わせて出来上がりを計算しながら生地の大きさを調整します。
ファスナー部分を、待ち針で両側のズレが出来ない様に気をつけて止めておきます。
同様に残りの生地部分も待ち針で数カ所止めてから、縫っていきます。
手縫いよりは、ミシンの方が強度が増すのでミシンを使う事をお勧めします。
ミシンで生地部分を縫い付けてから、ファスナー部分を縫います。

予め、縫い目の線を生地の縁から1.5センチ程の所に記しておきましょう。
このひと手間をきちんと行わないと形が歪んでしまったりして、せっかくの手作りポーチが台無しになります。

また生地だけのポーチよりも、アップリケやビーズの刺繍などを少しでも付けるだけで、
華やかで可愛らしい世界で一つのオリジナルのポーチへと変身させる事も出来るでしょう。

photo:linda


中南米・ラテン 旅の情報