ティッシュ箱のカバーを作っちゃおう!

ティッシュボックスカバー

冬になると特に出番が多くなるティッシュ箱。
こちらをひと手間かけて可愛く装飾してみませんか。

直線縫いとボタンを付けるだけで簡単に出来るものをご紹介します。
気に入ったファブリックで作ると、お部屋のアクセントになりますよ。

ティッシュ箱カバーの作り方

用意するもの

ティッシュ箱には標準とスリムタイプがあります。
ここでは私が使っているスリムタイプ(箱の厚みが5センチ位の物)で記載します。

生地:36×70cmか36×36cmを2枚
生地を裏表で変えるとリバーシブルになるので、こちら(36cm正方形×2枚)がおすすめです。

ボタン 2個

これだけです!
ボタンが必要だからと言って、難しいボタンホールも要りませんし、紐付けもしません。

1-1.リバーシブルにする方

生地を内側が表になるように半分に折ります。
外側1cmの部分を「わ」の部分を除く3か所を直線縫いします。(縫う前に下の※を読む)

1-2.リバーシブルにする方

生地を内側が表になるように2枚合わせます
外側1cmの部分を4か所(全ての面)直線縫いします。(縫う前に下の※を読む)

※この時、どこか一か所(角以外)を8cm程度縫い残して、布を表に返せるようにします。
これをしておかないとひっくりかえせません※

2.四隅の角の縫った外側を切り落としておきます。

3.縫い残した部分から生地を返し、表側をだします。縫い残した部分は縫って閉じておきます。

4.三角形に折り、頂点の角から9cm位の部分を縫い止めます。

ここは9cm測った、そのポイント部分だけでいいです。

5.生地を広げ、④で縫わなかった2カ所の角の先端にボタンをつけます。

これで完成!

あとは中にティッシュ箱を入れ、ボタンのついた角を④で縫い止めた部分にくぐらせてひっかけるだけで使えます。

初心者さんでも結構簡単で、あっという間に出来ます。

しかもリバーシブルにも使えるので、その時の気分で裏表を変えて楽しんでみてはいかがでしょうか。

photo:iris


中南米・ラテン 旅の情報